ウェディングドレスを着る幸せ

ウェディングドレスを着る幸せ

ウェディングドレスが白い理由

ウェディングドレスの色は白が定番ですが、中世ヨーロッパではファッション業界で流行した色を選ぶのが主流でした。
18世紀後半になると白が好まれるようになり、世界中にその魅力を伝えたのがイギリスのビクトリア女王です。
白いウェディングドレスは王族や貴族など富裕層が着るものでしたが、産業革命によって効率良く物を生産できるようになると、一般市民でも手の届く存在となりました。
日本で定番となったきっかけは、ダイアナ元妃が結婚してからです。
それまでは結婚式には白無垢が常識でした。
白が持つ意味には潔癖や純潔などがあり、花嫁にぴったりです。
また白はどんな色を混ぜられることから「あなた色に染まります」という花嫁の決意をほのめかしています。
白には様々な種類があり、肌の色がイエローベースの人はスノーホワイトやピュアホワイトなど、明るめの白が適しています。
反対にブルーベースの人はわずかに黄色がかったオフホワイトを選ぶことで顔色が良くなります。
結婚式では主役である花嫁しか白い衣装を着ることはできません。
ウェディングドレスは白以外にも用意されていますが、新しいスタートを切るためにも白色で気分をリセットさせるのが良いです・

ウェディングドレスの選び方とは

一生に一度の思い出を彩る華やかな結婚式の場で、最大の注目となるのはなんといっても花嫁のウェディングドレス姿です。
ウェディングドレスを美しく着こなす事は、女性にとっては永遠の憧れのテーマとも言えます。
レンタルドレスはドレス以外にも小物も含めた、トータルで貸し出してくれるケースが多いため非常に経済的な点がメリットです。
セルドレスは自分にジャストフィットするようにサイズ直しが可能な点が特長です。
またオーダードレスは価格的には高額な傾向にありますが、世界に1つの自分だけのドレスを作れるという点が最大のメリットです。
次にウェディングドレスのデザインにはドレスのシルエットが様々あります。
Aラインのドレスは比較的体型を選ばす、シンプルでエレガントなイメージを演出出来るため定番の人気を誇ります。
またプリンセスラインはスカート部分がふんわりと広がり、お姫様のようなような華やかでキュートな花嫁を目指す人には最適です。
その他にもスリムで洗練された印象のスレンダーラインや女性らしい優美な曲線美を描けるマーメイドラインなどがあります。
これらの条件の他にも素敵なウェディングドレスデザインを選ぶポイントとしては、シルクやオーガンジーなど使用する素材やデザイン性の好みなどがあります。

check

新年会、忘年会などの宴会にもご利用ください。

大宮 個室居酒屋

多種多様なお客様のニーズに答え、更新や管理を行います。

ホームページ制作 大阪

生徒一人ひとりの伸びしろ(成績)を最大限に引き出します!

医学部 予備校 東京

住宅ローンの返済にお困りの方、滞納により競売にかけられそうな方へのリースバック情報

リースバック

痛くない・怖くない治療を提供する茨木・茨木市の歯医者

茨木市 歯医者

一宮市を中心に、子育てママに優しい新築一戸建ての分譲住宅「大成の家」を販売中

一宮市 不動産

「決算書をデザインする。」をモットーにする税理士事務所です。

大阪で税理士をお探しなら

安全運転で質の高い久留米市の運転代行

久留米市 運転代行

2016/7/8 更新